過去のお知らせ

[ 2014年3月吉日 ] 
医療法人相生会  九州臨床薬理クリニックの閉院ならびに
杉岡記念病院臨床研究センターへの移転に関するご挨拶

治験依頼者各位

拝啓

時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、当法人におきましては、1995年4月の開設以来お引き立て賜っておりました「医療法人相生会 九州臨床薬理クリニック(福岡市中央区地行2丁目13番16号)」を本年4月末に閉院することとなり、本年3月に杉岡記念病院に新たに併設した「杉岡記念病院臨床研究センター」にその機能を移転することとなりました。

これにより当法人の臨床研究部門施設は東京、福岡、熊本の3エリア6施設体制となりますが、これまで通り、入江伸が相生会臨床薬理センター長として臨床研究部門を統括致します。また、杉岡記念病院臨床研究センター長には、九州臨床薬理クリニック副院長の松木俊二が就任し、九州臨床薬理クリニックで実施した全ての臨床研究に係る記録等を杉岡記念病院臨床研究センターに全て移管するとともに、九州臨床薬理クリニックで培った臨床研究に係る様々なノウハウを発展的に継承致します。

杉岡記念病院臨床研究センターでは、「健全性への貢献」の理念のもと診療部門との密接な連携により、充実した被験者の安全管理体制のもとで臨床研究を実施できるとともに、より高度な安全性及び有効性評価のための観察・検査を行えることで、当法人が目指す「臨床研究」と「一般診療」の一本化と一層のレベルアップが可能となります。

移転に際しては、皆様にいろいろとご迷惑をお掛けすることがあろうかと存じますが、速やかに移行すべく努力致しますので、引き続き、ご指導、ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具

医療法人相生会

  理事長  入江  伸

医療法人相生会 杉岡記念病院

  臨床研究センター長  松木  俊二

 
 
Page top