我が国において、糖尿病患者数は年々増加しています。
2012 年の厚生労働省の推計では、糖尿病が強く疑われる人(HbA1c 6.5%以上)は 950 万人、糖尿病の可能性が否定で きない人(HbA1c 6.0%以上)は1100万人となっています。これに対して、定期的に糖尿病の治療を受けておられる方は、 2008 年の統計でわずか 237 万人です。
これは糖尿病の初期は、特に症状もなく、治療の必要を感じにくいことも一因と思われますが、糖尿病はゆっくりと全身の血管などにダメージを与え、様々な障害(合併症)を引き起こします。そして一旦進行した合併症を元に戻すことは今の医学では困難です。
早い段階から、適切な治療を受けることにより、合併症の進行を防ぎ、糖尿病があっても、健康に生活していただくことが、糖尿病を治療する目的です。
当院では、院内で血糖値や HbA1c(グリコヘモグロビン)・検尿の検査を行ない、10 分程度で結果がわかる体制をとっています。またレントゲン・心電図の他に腹部エコーや頸動脈エコー、エルゴメーターなど合併症の検査も行なうことができます。
治療については、新しい薬も次々に発売されていますが、全ての患者さんに適している訳ではありません。
当院では、上記のような検査の結果や患者さんの状態、生活環境なども含めて、患者さんの状態を把握し、その患者さんに応じた治療を提供したいと考えています。
*当院の受診は予約制となっておりますので、ご希望の方は、事前にお電話にて予約をお願いいたします。
 
   
   
 
   
 
  小河 一彦
ピーエスクリニック診療部長
医学博士

平成 7 年九州大学医学部卒、九州大学医学部第一内科
佐賀県立病院好生館(現佐賀県医療センター好生館)、
福岡大学病院、宗像医師会病院、浜の町病院を経て現職。

専門領域:糖尿病

日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会専門医、研修指導医
日本病態栄養学会評議員
九州大学医学部非常勤講師

   
   
 
   
 
  1.糖尿病について
2.検査について
3.治療について(食事療法・運動療法・薬物療法)
4.低血糖
5.合併症
6.フットケア
7.シックデイ
8.日常生活について
 
   
 
   
 
  一次健康診断にて糖尿病の危険性が示唆され、再検査や精密検査を当院にて実施する場合のいくつかを費用とともにご紹介いたします。(健康保険を適用し、自己負担割合が3割の場合の自己負担額概算)
  動脈硬化検査(血管年齢測定) 300円  
  頚部動脈エコー検査(脳梗塞の危険性を測定) 1,050円  
  無散瞳眼底カメラ検査(糖尿病網膜症の診断) 170円  
  心エコー検査 2,640円  
  腹部エコー検査 1,590円  
※上記のうち実施した検査代と併せて、初診料850円(再診料の場合は220円)や外来管理加算料160円、その他の診療報酬が必要となります。
 
 
 
   
 
  診察をご希望の方は、事前にお電話にてご予約ください。
予約受付 TEL:092-283-7777