移植外来のご案内

 

当院では、平成27年12月より「移植外来・移植相談窓口」を開設しました。移植後の外来診察、移植医療に関するご相談をお受けしております。
今後移植をお考えの患者様のご相談も受け付けております。
手術は当院では行っておりませんが、腎移植を年間100例以上実施している当院医師の北田により他院(聖マリア病院、豊見城中央病院、県立宮崎病院)で移植手術を行います。
外来での待ち時間をできるだけ短くできるよう、かつ必要な検査は実施できるような体制をとっております。緊急時にも対応できるようホットラインをもうけておりますので、ご安心下さい。
希望される方には午後外来(平日)や土曜外来(午前)、も行っておりますので、ご相談下さい。循環器・糖尿病・リウマチ内科専門医の受診も同日に可能です。皮膚科は毎週木曜日の午後外来を行っており受診可能です。提供された方(ドナー)の定期受診も受け付けております。

担当医のご紹介

北田 秀久

移植外科医
医学博士
平成5年 九州大学医学部卒
平成17年 九州大学病院第一外科 助教
平成20年 移植グループ チーフ
平成27年 九州大学病院第一外科 講師を経て現職。

担当科目:移植後外来・移植相談窓口

専門領域:移植外科(膵臓・腎臓)

日本外科学会 認定医・専門医
日本臨床腎移植学会 認定医
日本移植学会 評議員・認定医
日本臨床腎移植学会 評議員
膵・膵島移植研究会 世話人・幹事
膵臓移植実務者委員会 実務者委員
日本小児腎不全学会 評議員

移植外来 北田秀久

九州大学病院をはじめ、全国各地の病院で腎臓・膵臓の移植手術を行ってきました。
移植によって元気になられた方々の笑顔を見ることができることは、移植医にとってこの上ない喜びです。
また、これから移植を考えておられる方々ために“移植相談窓口” も開設いたしました。
移植について正しい情報・認識を持って頂くことがとても大事ですが、なかなか相談するところがない、という声を多く耳にします。そのような方々にとって最初の一歩を踏み出す場所になれば・・・と願っています。

 

川浪 さやこ

移植外科医
九州大学病院 第一外科 で膵・腎移植医療に携わり、
2015年12月より現職。

担当科目:移植後外来・移植相談窓口

専門領域:膵・腎移植医療

移植認定医

移植外来 川浪さやこ

これまで九州大学病院において、最前線の膵・腎移植医療に携わって参りました。
当院では、膵・腎移植を待ち望む方や移植が実現して元気に生活を送る方の健康を、専門的に長期にわたって見守る専門外来を担当いたします。また、移植に関する相談窓口としての役割も担っていきます。
地域の方へ移植医療に対する理解を広め、地域の方に根付いた医療となるよう、さらに発展させていきたいと思います。



外来診察時間・休診日

診療時間  月~金曜日  9:00~18:00(昼休み13:00~14:00)
      土曜日 9:00~13:00
休診日   日・祝日/8月13日~15日/12月29日~1月4日
※診察をご希望の方は、事前にお電話(TEL:092-283-7777)にて予約をお願いいたします。